医療と健康に関するブログです。

健康にとって明かりをつけて寝るのは良くない

皆さんは、夜寝るときにきちんと電気を消して寝ていますか。
なかには、夜トイレにいくときに怖いという理由などで明かりをつけて寝る人もいます。
ところが、寝ているときの明かりは体の健康に良くありません。
そもそも私たちは、部屋を真っ暗ににして寝ることによって、脳から睡眠を促すメラトニンというホルモンが分泌されます。
このメラトニンには、活性酸素を除去してくれる働きがあり、若返りのホルモンともいわれている物質です。
このメラトニンの機能として、今が活動しなければいけない昼なのか、それとも今が休まなくてはいけない夜なのかを脳に知らせ、体内のリズムを整える働きをしています。
しかし、電球をつけっぱなしにして眠ると、このメラトニンの分泌がされにくくなります。
そうなると、体内時計が狂ってしまうか、もしくは遅れてしまうことになります。
その結果、体に不調をきたし、脳にストレスを与え思わぬ病気を引き起こしてしまう原因になる可能性があります。
また、寝る時の明かりによって、肥満になる可能性もあるとされています。
夜に光を浴びせることによって体重が増えることは、動物実験で明らかにされました。
ラットに夜間、5ルクスの光を当てたところ、食欲が増して体重が増えるとの実験結果が出たのです。
なぜそのようなことが起こるかというと、体に好影響を与えるホルモンのメラトニンが出なくなり、中性脂肪が高くなる「脂質異常症」 を引き起こすからです。
それと就寝中に部屋が明るければ熟睡が妨げられ寝不足になり、食欲を促すホルモンが分泌されてしまうからです。
このように明かりをつけることは、百害あって一利なしといえます。
ですが、どうしても怖くて明かりを消して眠ることができないという人に、最適な方法があります。
部屋の照明をタイマー付きのものに変えるという方法です。
これならば、機械が勝手に眠りに落ちた頃に明かりを消してくれるので便利です。
参考にしてください。